クローズアップ

JOBISHAの素

キラキラ現場 名物スタッフ

高屋 武 高屋 武
京都市立病院 設備管理スタッフ責任者
出身京都市
星座乙女座
血液型A型
性格 几帳面!
特技 バレーボールで国体出場経験あり
趣味 野球観戦、前の会社では草野球をやっていた。

「"患者さまのために"スタッフと気持ちのベクトルを合わせる」

設備管理の仕事は、前職の三菱製紙時代から48年従事しています。前職の中で、 空気・電気・空調設備の設計や費用の管理、営業所の所長代理として経理等の総合的な仕事も やっていました。(プロ中のプロですね!)また、ISOの立上げにも携わり内部監査なども 実施していました。

浄美社に入社して3年。最初は滅菌の仕事をしていましたが、2年前から この現場の責任者になりました。「あれをやれ」「これをやれ」と指示するだけでは人は 反発してしまいます。まず、自分の考えを相手に伝え理解し、了解してもらう。何より 「患者さまのために快適な環境をご提供する」スタッフみんなの気持ちをひとつにすること から始めました。

「あたり前の生活を支えている誇り」

設備管理は正常であたり前、あまり褒められることはありません。 ちょっと報われない気持ちもありますが、患者さまに少しでも気分良く生活していただくため に"役に立ちたい"との思いで頑張っています。たまにナースコールなど修理に行って、 「ありがとう」と直接患者さまの声を聞くこともあります。 そういう直接のコミュニケーションも仕事のよろこびのひとつです。

生活重点グラフ

「浄美社品質! 一人ひとりが目標を立て実行する」

日々の業務の中に、ISOの考え方を利用しています。 自分がいなくても代わりの者がスムーズに業務が行えるように、管理標準書を作成。 PDCAのサイクルにより、一人ひとりが考え、良い品質を提供できる体制づくりを 続けています。スタッフ一人ひとりの特長を活かし、目標を立て一緒に作り上げていくこと を実施しています。現在、スタッフの1人と一緒に省エネの管理基準を作成中です。
皆にも達成感や喜びを感じて欲しい。やりがいを持って進めています。(意気込み充分でした!)

業務担当者H氏まじめ!そして仕事への意欲満タンという印象。当社業務担当者H氏も 「高屋さんが所長になって、スタッフが定着し現場が落ち着いた」と言っていました。

コツをお聞きしたところ「何事も事前準備、根回しが欠かせない」と眼鏡をキラッと 光らせていました。常に病院管理課の担当の方や、スタッフとディスカッションする。 "根回し=気配り名人"そこが病院施設課の担当の方や、スタッフから信頼を得ていると感じた。

(私もISO事務局の一員として、もっと社内に根付くよう意識を高めなければ!)