浄美社の強み

機動力の源泉「キレイプロジェクト」

現場パワーアップミーティング

現場パワーアップミーティング
(情報収集・共有・成長の場)

現場スタッフと本社教育機関とのミーティングにより、 相互の情報を共有することや、スタッフの「モチベーションアップ」など、 変革意識を醸成することを目的とします。

<テーマに沿った事例について議論>

  • 失敗:問題点の抽出・改善案
  • 工夫:喜ばれた事例の収集・共有
パワーアップミーティグ01
パワーアップミーティグ02
パワーアップミーティグ03
パワーアップミーティグ04
  1. 仕事に喜びを感じるときや仕事そのものが好きであるとか、内から湧き上がる内発的な モチベーションを支えるものは何なのか問い、自身に意識するようにします。 自分の存在を粗末にしない、自分がここにいるということを大切に思う心を育てると “いいプライド”が保たれ、深みのある人間としての価値を作り出すと知ってもらいます。

  2. 理想と現実のギャップにある課題のフォーカスは特に重要と考えます。 問題解決に向けて、スタッフ自身が「ギアチェンジ」のきっかけをつかんでもらいます。

  3. 現場同士の仲間意識から、他の現場にも同じ業務をこなす仲間がいることを知ってもらい、 未来や夢、そして課題などすべて会社全体で共有するものであると、 連帯の仲間意識を醸成させていきます。

現場パワーアップミーティング(情報収集・共有・成長の場)
良い事案は表彰

この会議には、代表取締役・役員が参加、 スタッフは日頃の工夫や改善提案を直接評価されることで、モチベーションアップになっている。

抽出した意見は、2ヶ月に1回発行しているJOBISHA News(壁新聞)に掲載し、全社的に情報を共有。(危機管理やお客さまに喜ばれた事例など)