クローズアップ

Smile Hunt

冨本 研三
大塚製薬 株式会社
総務部 課長
とみもと けんぞう
冨本 研三 さま

「元気ハツラツぅ?」でおなじみの大塚製薬株式会社。 誰もが知ってるロングセラー商品からわかるように、絶大な支持を誇っています。 今回のスマイルハントは、全国の本支店や工場の不動産管理 をされ、働きやすい建物環境の手配に日夜奮闘されている、 東京本部勤務の総務部 課長 冨本さまにお話を伺いました。

企業理念の解釈を自ら追及する

オロナミンC 1921年に前身となる大塚製薬工場が設立され、1946年注射液事業開始、 1965年オロナミンC発売、1980年には初めての自社開発医薬品発売、 同年ポカリスエット発売、その後も数多くの健康サポート商品を手掛けられています。

「“Otsuka - people creating new products for better health worldwide”が企業理念です。 直訳すると“世界中の人々のより良い健康のために新製品を作る”ですが、 あえて会社は日本語の解釈を添えず、 従業員一人ひとりがこの言葉の解釈を追求しているのが特徴です。 各々が熱心に取り組み、自由闊達に意見を交わし、 そして女性がとても活躍している企業だと思います。」

エコ実現に向けて王道を行く!

大塚製薬環境社会報告書表紙 冨本さまも編集委員をされている「環境社会報告書」。 グループ会社における環境負荷低減の取組みをまとめ、 年間目標に対する達成度や社会貢献内容を2003年以降毎年発行されています。 さらに“社員の学びの場”という位置付けとして、社員の意識向上にも役立てているそうです。

ポカリスエット500mlは日本最軽量18gエコボトル!

ポカリスエット “陽圧無菌充填方式”という国内初の技術の採用により、 従来のボトル重量27gから18gへ軽量化が実現。 削減されるペット樹脂をCO2換算すると、 年間約1,500世帯分の排出量に相当します。またリサイクル時もつぶしやすくなりました。

wow こんな環境貢献、スゴイとしか言えません~!

お客様からの愛に満ちたご意見

お客様相談室ではお客様から様々な質問や意見が、 年間32,000件もあるそうです。 中には商品をずっと永く買い続けないとわからないような、 微細な変化を指摘された事もあるようです。

「あなたのところの商品が大好きなのに何でこうなの!?と、 商品を愛して下さっているからこそいただくご指摘が数多くあります。 わざわざ時間を割いてお電話をいただけることに感謝しています。 これからもお客様一人ひとりを大切にし、 これらの声を次の商品へ活かして、 ずっと社会に必要とされる企業でなくてはならないと思っています。」

大塚製薬株式会社本社ビル 2007年3月、東京本部が品川グランドセントラルタワー内に開設。 引越し準備~完了の間、超多忙だった冨本さま。 「普段からマラソンをしているので体力に自信がありましたが、 この時ばかりは辛かったです(笑)」

大塚製薬CSR

よみがえる思い出と共に

もうずっと昔の事ですが、私がすり傷を作ってきたら、 よく母がオロナインH軟膏をぬってくれました。 今でもオロナインの匂いを嗅ぐと、その時の事を思い出します。 また私が小学生の頃にポカリスエットが発売され、 初めて飲んだ時に感じたあの身体にしみ込む不思議な感覚!ほんと忘れられません~。

artwork 人々の健康をずっとサポートして来られ、 進化し続ける大塚製薬さま。今後のご活躍も期待しています!